<p>「雨は霽れ月朦朧の夜、窓下に編成し、以て梓氏に卑ふ。

題して雨月物語と云ふ」江戸時代後期の名作が森園&村崎のゴールデンコンビの手で現代に蘇る!!色好みの夫に浮気され、裏切られた妻が、夫を祟り殺す。

「吉備津の釜」など選りすぐりの5作品を収録。

雨がやみ月がおぼろに見える夜に何かが起こる!?</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。

※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。

※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。

※このページからは注文できません。

レビュー件数0
レビュー平均0
ショップ 楽天Kobo電子書籍ストア
税込価格 110円

雨月物語 第3章 関連ツイート