本漆高蒔絵『浜の松』 日本が世界に誇る伝統工芸「加賀蒔絵」が施された万年筆です。

「加賀蒔絵」は江戸時代に大名が使う印籠や茶道具として発展し、華麗で気品漂う作風で世界的にも高い評価を得ています。

本軸には加賀蒔絵作家、大下宗香氏によって日本を代表する浜辺の情景『浜の松』が平蒔絵で施されています。

漆での下地模様を施した後、漆と数十種類の金や銀の粉を使い分け、浜辺の松と海の波とのコントラストを雄大に描きあげました。

品番: PIZ-300000 ♯55 はまのまつ ペン先: 大型18K ペン先の種類: F 細、M 中、B 太 製品仕様 胴、キャップ、天冠: エボナイト軸に本漆高蒔絵 グリップ: AS樹脂 クリップ: ベリリウム銅に金メッキ 寸法: 全長154mm(筆記時全長134mm)×最大径18mm 重量: 33.9g パッケージ: 桐箱 ※本商品への名入れは承っておりません。

商品コード F 細: 1697552 M 中: 1697553 B 太: 1697554 JANコード F 細: 4977114112454 M 中: 4977114112461 B 太: 4977114112478

レビュー件数0
レビュー平均0
ショップ 高級筆記具のペンギャラリー報画堂
税込価格 264,000円

プラチナ万年筆 関連ツイート