商品 Platinum プラチナ万年筆 出雲 加賀蒔絵 滝山水 PIZ-600000 本漆高蒔絵 宗香作 スペック ペン先: 18金ロジウムメッキ F 細字/M 中字/B 太字 素材:エボナイト 寸法:全長154 × 最大径φ18mm 重量:34.9g   付属品 筆衣 コンバーター500 カートリッジインク(ブルーブラック) 瓶インク(ブルーブラック) 桐箱   説明 加賀蒔絵作家「宗香」の手で 日本の滝の情景を高蒔絵の技法で 雄大に描きました。

   備考 取寄せ商品文房具 >> 筆記具 >> プラチナ万年筆 Platinum プラチナ万年筆 出雲 加賀蒔絵 滝山水 本漆高蒔絵 宗香作 PIZ-600000 品番:PIZ-600000 カラー:滝山水 ペン先:18金ロジウムメッキ ペン種:F/M/B 素材:エボナイト 寸法:全長154mm x 最大径φ18mm 重量:34.9g   加賀蒔絵作家「宗香」の手で日本の滝の情景を高蒔絵の技法で雄大に描きました。

 〜 歴 史 〜 1919年(大正8年)、岡山より上京してきた中田俊一氏が、 東京上野にて万年筆の製作や販売を目的に株式会社中屋製作所を設立しました。

その後、百貨店や輸出販売に乗り出し、拡販していきます。

並木製作所(現在のパイロット)に対抗して露水、秀山など 優れた蒔絵師の手となる蒔絵技法と 螺鈿細工を組み合わせた見事な螺鈿蒔絵万年筆も作成しました。

1942年(昭和17年)事業の伸展に伴い、プラチナ万年筆株式会社に社名を変更、 戦後1947年にはプラチナ産業株式会社と変更し、万年筆の本格的な輸出に乗り出しました。

社名の由来は万年筆の生命であるペン先から来ています。

すなわち、最も重要な部分であり、 その先端には白金族元素の合金であるイリドスミンがついており、 この合金のことを総称してプラチナ族といいます。

  出雲 加賀蒔絵   出雲 加賀蒔絵 浜の松    PIZ-600000       PIZ-500000    出雲 加賀蒔絵      出雲 会津蒔絵    PIZ-300000        PIZ-300000A センチュリー 加賀蒔絵   出雲 炭粉高蒔絵    PNB-150000       PIZ-150000C    出雲 竹編み       出雲 竹編み    PBA-120000Y      PBA-120000G         センチュリー 加賀蒔絵            PNB-150000

レビュー件数0
レビュー平均0
ショップ 紙・文具の専門店 ミフジ
税込価格 660,000円

プラチナ万年筆 関連ツイート